カテゴリ:躁鬱・双極性障害のエントリー一覧

  • 【躁うつ病】双極性障害1型

    27: 優しい名無しさん:2013/01/19(土) 14:26:54.49 ID:cO6Cr1+V躁状態 双極Ⅰ型障害の躁状態では、ほとんど寝ることなく動き回り続け、多弁になって 家族や周囲の人に休む間もなくしゃべり続け、家族を疲労困ぱいさせてしまいます。 仕事や勉強にはエネルギッシュに取り組むのですが、ひとつのことに集中できず、 何ひとつ仕上げることができません。 高額な買い物をして何千万円という借金をつくってしまったり、法的な問題を 引...

  • 【躁うつ病】双極性障害・気分循環性障害 Part3

    4: 優しい名無しさん:2006/12/26(火) 23:28:54 ID:8XJFKzfA▼:双極性障害(躁うつ病)の小解説 ▽:症状 躁病相…とても行動的で、じっとしていられません。疲れをしらず、夜も寝ません。 明るく楽しく気分は        爽快な事が多い一方、些細な事でキレやすくなります。 性的乱脈、暴飲暴食、多弁、多動、        浪費等で他人に迷惑を掛ける事もしばしばあります。 鬱病相…憂鬱で何もする気力がなく、全ての事に興味がな...

  • 【躁うつ病】双極性障害・気分循環性障害 Part2

    4: 優しい名無しさん:2006/10/28(土) 11:11:58 ID:S/GlkSw/▼:双極性障害(躁うつ病)の小解説 ▽:症状 躁病相…とても行動的で、じっとしていられません。疲れをしらず、夜も寝ません。 明るく楽しく気分は爽快な事が多い一方、些細な事でキレやすくなります。 性的乱脈、暴飲暴食、多弁、多動、浪費等で他人に迷惑を掛ける事もしばしばあります。 鬱病相…憂鬱で何もする気力がなく、全ての事に興味がなくなります。 悲観的だったり...

  • 躁うつ病・躁鬱病・双極性障害

    23: 優しい名無しさん:2009/10/20(火) 01:21:05 ID:yW6/p1cT双極性障害(そうきょくせいしょうがい、英: bipolar disorder)は、 躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患であり、気分障害の一つである。 躁うつ病(そううつびょう)あるいは 双極性感情障害(そうきょくせいかんじょうしょうがい)とも言う。 WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではF31。双極性障害の生涯有病率 は0.2~1.6%であるとされ[要出典]、うつ病の6~15%と比...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

カテゴリ

オススメ記事

最新コメント

こんな世界に恭順する必要はない
ただ世界のリソースだけを食いつぶしてやる

自分さえよければいいという世の中と別れたい人へ 03/26
 
 優しい名無しさん

やい、加藤!俺の借金800億返しやがれ!負け組の王。加藤い一家も破滅だな。

加藤に刺殺された芸大生友人「負け組だからって…」  03/26
 
 優しい名無しさん

俺はむしろ受診したらボロクソに馬鹿にされたので、もう精神科に関わらず医者には絶対に関わらない。
馬鹿にされて笑われて終わりだった。

頑なに精神科に掛からない日本人 03/02
 
 優しい名無しさん

精神科に限らず日本人は医療・病院にベッタリか全く関わらないの二元論的思考だと思う。必要に応じて助けを求めることが甘えであると捉えられるからかね。

頑なに精神科に掛からない日本人 02/27
 
 優しい名無しさん

最近は本当に何も感情がわかない
テレビとかみないし映画とかもみない
何にも興味を持てない
多分頭のネジ一つから二つ外れて壊れているんだよ

心がなくなった 02/26
 
 ツバキ

病名 鬱病
得たものの時間
無くしたもの  感情

病気になって得たもの失ったもの 02/26
 
 ツバキ

昔は人の顔色窺ってかな
其れでも其れなりに感受性あったと思う
けど最近は本当に何も感じなくなった
結果無表情で淡々と過ごすのが多くなった
多分どっか壊れているだ

常に無感情、無表情な人 感受性が乏しい人  02/26
 
 ツバキ

高校生のころに戻りたいです
人生高校生のころに戻りたいです
人生の道を踏み外しまくりました
世の中の酸いも甘いも知らない何も知らなかった純粋無垢な自分に戻りたい

いつも過去に戻りたいと思ってる人 02/26
 
 椿

終わり(ゴール)が見えてたら、そこに向かって頑張れると思うんだ。

自殺願望じゃなくて早く寿命来いよって願望ある奴こい 02/20
 
 名無し

俺も死にたいですよ 女はいいよな女は!
クズ女は死ねばいい

統合失調症でも人生楽しめますか? 02/12
 
 優しい名無しさん

相互リンク

過去記事ピックアップ

複眼画像RSS