精神科(思春期)入院体験記


1: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 03:57:08.11 ID:WRvvDGzN
当方高校生なんだが精神科の思春期外来の入院体験記を書いてこうと思う
中高生とか特に読んで参考にしてくれれば幸い
質問とかもどうぞ
6: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 04:03:52.73 ID:JbM85yKK
とりあえず自分のスペックからある程度説明してこうと思う

15歳女なんだが…

高校辞めて今ふらふらさまよってる真っ最中。
生い立ちから軽く説明すると

家族構成:母、父、兄、自分、双子の弟

父が所謂アル中のような節があって酒を飲むと暴力振るう人だった
そのせいもあってか母も普段は温厚だが一度スイッチが入るとヒステリックに

現在は別居して母と自分、弟と兄と父に別れて暮らしている。
7: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 04:09:45.04 ID:JbM85yKK
小学生の時にいじめを受けて、不登校になった。
ここら辺からもう精神的に不安定。親のお金とって漫画買いあさったりしてた。

地元の中学には通えないから私立中に入学。
女子校だったから楽しくやってたんだけど、
中三のクラス替えで、小学校の時俺をいじめてたやつが同じクラスに。
実は前々から同じクラスにしないようにと主任に言っておいたのだが…
学校側は言い訳しかせず、不信感を抱いて地元から少し離れた公立にしぶしぶうつることになった。

中三秋に転校して、クラスにも馴染めずふよふよしてた。
しかも予期していなかった高校受験までする羽目になり、精神も不安定に。
とうとう12月ごろにはまたもや不登校になる。
8: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 04:13:17.89 ID:JbM85yKK
このころから「統合失調症」の症状が出始める。

ひきこもりがちだったがたまに外に出ると、まるですれ違う人が自分の悪口を言っているように感じた。
それに自分の心の中が見透かされているのではとも思った。

自分の希望で精神科に通院することになる。

そこで初めて統失との診断が出され、薬も処方された。
ただ症状は軽かったが。
9: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 04:20:29.91 ID:JbM85yKK
ある日。

夕食をとっていた時に、母と口論になった。
俺は興奮して思わず皿ごとスパゲッティを投げた。

その後刃物を持ち出して暴れ始めたらしい。
(何度かこういうことはあって警察の世話になったこともしばしば。
だがこの時が一番ひどかった)
それを必死で止める兄。

俺は「こんなに苦しいなら入院したい」と口走ったらしい。
今思えば本当にバカだった。

母はその言葉を真に受け急いで受け入れ先の病院を探し、そのまま車で病院に向かうことになる。
その受け入れ先が新設のきれいな小児専門の大きな病院のSセンターだった。
これから始まる入院生活にわくわくしていた俺。

だが、ここからが地獄の始まりだった。
10: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 04:32:04.55 ID:JbM85yKK
時間帯が深夜だったためか、はたまた緊急入院の受け入れだったためか、裏から通された。

車を降りると、そこに待ってたのはガタイのいい男性医師と看護師二人。
母のみ付き添いで、そのまま診察室へ。

診察室はだだっ広くて真っ白だった。
そこで今までのことを洗いざらい話した後、母と別れ男二人に連れられ上のフロアへ。

「ここにはいって」

そう言われて目の前の部屋をみる。

何だこれは、独房みてえなもんじゃねえか。
ふとそう思った。

どんな部屋かと言えばトイレがぽつんと隅にあって、床にはなけなしのマットレスがあるだけ。
シーツなんて大層なもんはない。

そのあと女の看護師さんが来て身辺チェックされた。
ポッケの中身や、パンツ、ブラジャーまで。全部。
その時、私は腰に紐のついたデザインのズボンを着ていて、看護師にこういわれる。

看「その紐はとりますね」
俺「?何でですか」
看「危険物ですから」

紐が危険物?といぶかしげに思ったが、後から病棟の子に聞いた話だと紐は首を吊る可能性があるので没収なのだという。


とりあえずやることがないので、荷物を持ってきてもらおうとナースコールを押す。

俺「すみません、荷物に入ってる携帯出してもいいですか?」
看「荷物なら全部親御さんに持ち帰ってもらいました」
俺「…は?(このあたりでキレ気味になる)」
看「持ち込み禁止物があったので親御さんに後程整えて持ってきてもらうことになったので」


とりあえず怒るしかできなかった。
やることもなくてこんなトイレしかない場所でどうしろと。
俺はすっかり気分を害して、そのあと持ってきてもらったなけなしの夕食を床に投げ捨てた。


その日は遅かったのでもう眠ることにした。
13: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 05:56:26.79 ID:jHDL0Ku5
15歳で人生の荒波を乗り越えることになったのね。
私はもうすぐ27歳になる男だが、未だに思春期から抜け出してないよ。
偉いね。
15: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 08:04:11.80 ID:JbM85yKK
>>13
そんなことないぞ…
今はただ生きるためにシャカリキになってる感じだし
16: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 08:40:06.95 ID:JbM85yKK
続き。

その朝、看護師が朝食を運んできて目が覚める。
机もないのにどう食べろというのだろう、と考えていたところだった。
自分の目の前に段ボール箱がぽんっと置かれる。

「え?」

思わず声が出た。
しかし看護師は何食わぬ顔で、その上に朝食のプレートを置いた。
要するに段ボールの上で食べろということらしい。
俺は乞食か何かかよ。すごく屈辱的だった。

けれど疲れてたしお腹は空いていたし反論する気にもなれず、目の前の朝食にがっついた。

メニューは、納豆に白米に味噌汁、オムレツと野菜炒めといった王道的なもの。
病院食は不味いというイメージがあったのだが、ここの病院食はとてもおいしかった。
それがせめてもの救いだったと思う。
後述するが、この病院には選択食なるものがあり、水曜日から土曜日まで自分の好きなおかずを選べる制度があったのだ。


とにかく朝食をたらふく食べ、おなかいっぱいになった俺は看護師を呼ぶと食器と忌々しい段ボール箱を片づけてもらった。
後から知らされたのだが、天井に監視カメラが付いていて、そこに呼びかければナースコールでなくとも反応するらしい。
その看護師が言うには、昼の2時に担当主治医がここに来るということらしい。
俺はふとトイレの隣に埋め込まれていたデジタル時計を見た。
現在7時半。

ちなみにこの日は日曜日だったので、9時からは自分の大好きなドラゴンボールが始まるのだ。
つまりこれはドラゴンボールを見れないということなのか。
少しイライラが増した。
しかも2時までのあと6時間半何をしていろというんだ。
このトイレしかない部屋でどう過ごせってんだ。
さらにイライラが増した。
17: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 08:42:30.41 ID:JbM85yKK
どうにか6時間半やりすごした俺は、少し気を違えていたかもしれない。
やっとその主治医が姿を現した。
担当の島田先生である。
(以下、人物の名前はすべて仮名)
40代後半ぐらいの女の先生で、いかにもベテランといった感じである。
先生の話によれば、俺は暴れる様子はないので今すぐ別の病棟に移すということだった。
あとは生理検査(※脳波、脳MRIなど)の日程を決められ、そのメモを渡された。

とりあえずここを出て解放される喜びでいっぱいだった俺は、るんるん気分で独房のような部屋を後にした。



「ここです」

先生がそう言って俺を病棟に案内した。

「え、なんだここ……。」

思わず口に出さずにはいられなかった。
自分が想像していた入院ライフと全く違うじゃないか。
所謂閉鎖病棟というやつで、売店には自由に行けない。
全ての窓という窓が二重に施錠されていて、下界からは完全にシャットアウトされていた。

だが、病棟の雰囲気は悪くはなかった。
新設の病院だったということもあり、どこも小奇麗だったし、ホールには漫画やテレビもある。
その途中で一人の女の子と目が合い、こんにちは、と会釈を交わした。
(後述するが、この子が後に病棟で一番の親友になる「カーリー」であった。)

これならなんとかやってけるかもー……。

と思ったのもつかの間。

先生「はいはいこっちね」
俺「え?」

連れて行かれた先は、二重扉の部屋だった。
所謂隔離部屋というやつだ。
ガシャン、と不吉な音を立て鍵を閉められる。
18: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 08:43:42.33 ID:JbM85yKK
俺「あ、えっと……?病棟のホールには出られないんですか?」
先生「まだ暴れないとも決まったわけじゃないのであと3日間はこの部屋にいてください」


思わず先生をぶん殴りそうになった。
だが殴れば殴るほど監禁期間が長くなりそうだったのでぐっとこらえた。
確かにあの独房みたいな部屋にいるよりはましだ。
この隔離室にはベッドもあって、洗面台やらなんやらもあるし、トイレもトビラ付きだ。
だがこんなところで3日間も何をしろと。手持ちの荷物何もないんだぞ。
今度こそ気が狂う。


俺はただ黙ってベッドに座り込んだのだった。
19: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 08:56:27.04 ID:JbM85yKK
結局看護師がホールから漫画を持ってきてくれたりして、俺はなんとかその3日間をやり過ごすことができた。
翌日の12時から部屋から出ていいと島田先生に言われた。
俺は部屋で昼飯を食べた後、自分で食堂へトレーを持っていこうと思い、初めて病室の外を出た。

ドアを開ければなんと、目の前にたくさんの同年代の女の子がいるではないか。
少し驚いた俺は後ずさりになった。

「あなたが新しく来た子?」
「かわいいね!」
「何年生?」
「今からカラオケやるんだけど来ない?」

矢継ぎ早に質問された俺は少しきょどって、簡単に自己紹介をした。
すると、向こうも一人ずつ自己紹介をしてくれた。

なんだ、精神科の子たちって言ったってすごく普通の子じゃないか。
これが俺の感想だった。


トレーを片づけてから、彼女たちの言う「カラオケ」というのに参加させてもらった。
とはいってもオケ機材があるわけでもなく、学習室と呼ばれる狭いホールで自分のMP3やらipodを持ち寄り、
それをヘッドホンにつなぎ最大音量にして、マイクで歌う。そんな感じだった。
それでも彼女たちにとっては大事な娯楽になっているのかもしれない。

一曲歌ってよとせがまれた俺はとりあえずメルトを歌ってみた。
そしたら以外に反応が良くてびっくりした。
というかボカロ好きがおおいらしい。
とりわけ驚いたのが、なんとその女の子たちの中に、ニコ動で超有名な歌い手がいたことだった……。
20: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 09:17:52.97 ID:JbM85yKK
ここで簡単に病棟の子たちの紹介をしてみる。
名前は仮名。
()内は当時の学年

普通に元気に見える子たち

・カーリー(高1):最年長で頼れるお姉さん的存在だった。チックの症状があるがそれ以外は至って普通。ゲームとかの趣味がよく合うため仲良くなりこっそり退院後も遊んだりした。
・みずくちゃん(中3):茶髪だったりピアス開けてたり決して俺と同い年になんて見えない。酒やたばこをやってたらしい。自傷行為で拘束されたことがしばしばあったとか。
・みほりん(中3):歌がやたら上手いと思ったらニコ動でかなり有名な歌い手さんだった。気っぷのいい子でちーちゃんとアユコちゃんと仲良し。
・アユコちゃん(中3):気が強いお嬢様タイプの子。この子とはポケモンの話で意気投合し、どっちが先に伝ポケ捕まえられるか勝負したりした。
・ちーちゃん(中1):眼鏡にツインテールでみんなの妹的存在。よく癇癪を起しては物を投げて観察室(反省室)に入れられてた。
・ユリちゃん(小6):病棟の最年少。幼い故か自分勝手な所が多々あり、みほりん達のグループには嫌われていた。ペットの写真を持ち歩いてる。
・ユキナちゃん(中2):俺が来て1週間後ぐらいに入院してくる。湘南生まれの茶髪ギャル系。援交と自傷行為をしていたらしい。


症状の重い子たち
・マオちゃん(高1):自閉症、発達障害があるらしい。感情の起伏が激しい子だった。人形が大好きで、よくその雑誌を見させてもらった。
・ミキちゃん(中3):電話と風呂の時以外部屋から出て来ず、めったにお目にかかれない。とてもかわいい子で、リラックマが大好き。
・千葉ちゃん(中1):喋る時も声が小さくて常に怯えているみたいだった。よく一緒に卓球をしたり、数学を教えてあげたりした。


病棟は12~15歳の女子のみ
一部しか紹介していないが、実際は子の病棟に20人ぐらいいた。
21: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 09:24:28.80 ID:JbM85yKK
当然年頃の女の子たちの集団生活となると俗にいう「グループ」というのが発生してくるわけで、この病棟も例外じゃなかった。
というよりもカースト制に近いグループ分けだったと思う。

一番上にみほりん達のグループがあって、
真ん中にその他の普通の元気に見える子たち、
一番下に症状の重い子たち
といった感じだった。

ちなみに俺やカーリーやユキナちゃんはそのカースト制みたいなのからは一歩外れた位置にいた。
そういうグループみたいなのには興味なかったから。
26: 優しい名無しさん:2011/07/26(火) 22:12:57.09 ID:gNwZTQgW
>>1
精神病んでも病まなくても、カーストはあるんだな…
病んだらそんな余裕感じないかと思ってたんだが、そうでもなかった('A`)
27: 優しい名無しさん:2011/07/27(水) 17:26:55.25 ID:CXSi9Ics
>>26
特に女の子病棟だったからね。
どこの世界の女の子でもそういうのはあるもんだよ。
28: 優しい名無しさん:2011/07/27(水) 17:41:18.53 ID:CXSi9Ics
【俺が入院してた病棟のルール】

服装面
・私服でおk(スカート・短パンなど露出の多いものはNG)
・ただし、紐がついているデザインのものは紐を抜くか切る。
・タイツ、スパッツは禁止(それで首絞める可能性あるから)
・派手な服はNG


持ち物
・カメラおよびカメラ付きのゲーム機や携帯電話は持ち込み不可※
(これはどこの病院でもそうだと思う。個人情報がなんたら言われた。)
・はさみや裁縫針はもってのほか(小さいのを隠し持っていた子もいたが)
・エロ本とかR18系のものはだめ(常識だけど)
・食べ物も衛生上ダメ、差し入れも不可。

※これをマオちゃんがこっそり持ち込んでいたことにより「DSi事件」が起こる。後で書こうと思う。

生活面
・人の悪口を言わない
(と、入院のしおりには書いてあったが誰も守ってなかった気がする)
・ほかの人の部屋には入らない
・お風呂は週3日(月水金)
・日課が決まっていた(看護師と話そう、グループミーティング、散歩、作業療法など)


こんな感じかな
29: 優しい名無しさん:2011/07/27(水) 17:49:39.36 ID:CXSi9Ics
ちなみに病棟の部屋割は

・大部屋-通常(4人部屋洗面台トイレなし)
    -重症(4人部屋。通常とはちょっと離れた位置にあった)
・個室-通常(洗面台トイレつき。監視カメラあり。)
   -隔離(通常のつくりと同じだが、二重扉。俺はここからスタート。)
・観察室(反省室ってやつ。透明のすりガラスでむろん鍵つき。ベッドはなく布団のみ。)

観察室については後にリラックスルームって上から訂正テープ貼って張ったな。
多分聞こえがよくなかったせいだと思うけど。

しょっちゅう観察室に入れられて泣いてるちーちゃんの声が今でも耳についてる。
あれはいいもんじゃなかったな。
観察室の電気がついてるとみんなで一斉に
「あれ誰が入ってるの?」
「○○ちゃんだよ」
「うわー…なにしちゃったんだろ・・・」
と噂してたのを覚えている。
32: 優しい名無しさん:2011/07/28(木) 00:56:07.33 ID:p+1VEU/o
さて、DSi事件について書いてみる。

そもそもの事の発端は俺がDSiを持ち込んだことだった。
荷物がやっと部屋に届いて大喜びの俺は、急いでゲームを取り出そうとした。
(この時ポケモンにはまっててとにかくやりたくて仕方がなかった。)
だが、荷物をチェックしていた看護師が一言。

「それ、カメラついてるわよね」

俺はその時カメラを持ち込んではいけないことを知らず、はい、と素直にうなずいた。
次の瞬間には「カメラは禁止物なので親御さんに持って帰ってもらいます」と冷酷に突き放され、俺の手にDSiはなかった。
残ったのはゲームソフトと攻略本だけ。
泣きたくなった。
(PSPは親に内緒で買ってたのでさすがに持ってきてもらうのは憚られた)

そのあと、ホールでくつろいでいたアユコちゃん達にそれを訴えた。

俺「マジないわ…DSi没収された…」
アユコ「うわ、かわいそう…。ライトないの?」
俺「持ってるけど…次親が来るの一週間後だからそれまでゲームなしだよ…トホホ…」
カーリー「私の貸そうか?」
俺「いいよいいよ、大丈夫…」

そう、モノの貸し借りは禁止だったのだ。
トラブルになりかねないからな。
これは実生活にも言えることだけど。
だから俺はカーリーの好意だけ受け取っておくことにした。

話がひと段落済んだところで、そういえば、とちーちゃんが切り出す。

ちー「こっそりDSi持ち込んでる子いるよね」
みほりん「看護師ババァが多いしデコればバレないよね」
俺「デコっててもバレた俺って…」
カーリー「ドンマイwwwwww」
アユコ「ていうかマオちゃんのって……アレ…DSiだよね…」

そう、マオちゃんはDSiをこっそり持ち込んでいたのだ。
病棟のだいたいの子は知ってたと思う。
彼女はうまくデコってばれないようにしていたが、我々若い世代から見ればDSの機種なんて一発で見分けられる。

ここから、みほりん達3人組はマオちゃんの悪口を言い始める。
そう、後ろに本人がいたとも知らずに。
33: 優しい名無しさん:2011/07/28(木) 01:15:10.80 ID:p+1VEU/o
みほりん「ずるいよね。かのちゃん(←俺の名前)みたいに没収された子がかわいそうだよね」
ちー「あの子ムカつく、高校生のくせにすぐ泣くし」
アユコ「ねー超ウザイ、看護師に言いつけてやろうよ」

キャハハ、と三人が笑った。
そして一拍おいてから、幽霊のような声が。

マオ「ねえ、マオうざいの・・?ムカつく…?なんか悪いことした…?」

空気が凍りついた。
3人が気まずそうな顔をしてたのを今でもよく覚えてる。

アユコ「DSi持ってきちゃいけないのに持ち込んでる方が悪いんじゃん」
ちー「そうだよ、そっちが悪いんじゃん」
みほりん「かのちゃんみたいに没収された人もいるのにさあ」

マオちゃんは三人に責められ、うっうっと泣き声を上げ始め、次第に叫ぶように泣いた。
ナースステーションから見える位置だったため、看護師が駆けつけてきて彼女を宥めつつ部屋に連れ帰る。
そのあと3人は事情聴取のために別室へ。

そこに取り残されたカーリーと俺は、呆然とするしかなかった。
34: 優しい名無しさん:2011/07/28(木) 01:27:27.49 ID:p+1VEU/o
後日。


マオちゃんはそれが原因でしばらく個室にひきこもっていた。
というよりも待機命令を出されてたんだろうな。
DSiは三人が告発したせいで没収されたらしいけど。

三人は看護長に叱られたらしいけど、ケロっとしてまた別の人の悪口を言っていた。
相変わらずだなあと思ったのはここだけの話。


その日、ホールでカーリーと絵を描いていたら、マオちゃんが久々に顔を出した。

俺「ああ、マオちゃん」
マオ「かのちゃんおはよー」

彼女が元気そうだったので少し安心した。
よく見ると、その手にはDSが。
あれ?没収されたんじゃなかったっけ?

俺「あれ、DS取られたって言ってなかったっけ?」
マオ「お母さんが新しいDS買ってきてくれたのー。今度はカメラついてないんだよー。」

本当だ、DSライトじゃん。しかも新品…。
金持ちは羨ましいぜ…くそっ…。
俺のライトなんか上画面飛んでんのに…。

マオちゃんがちょっと恨めしくなった。


これがDSi事件である。

とりあえず、ここで学んだことは2つ。

①禁止物はやはり持ち込まない方がいい。トラブルになる。
どうしても、っていう場合は周りにばれないように。厳重に。

②精神科病棟なので、メンタル弱い子は多い。
今回は泣き叫ぶだけだったが、下手したら暴れることだってある。
悪口や喧嘩を売る様なマネはやめたほうがいい。
自分の身の為にも。
37: 優しい名無しさん:2011/07/28(木) 08:28:01.37 ID:irhmLrvT
これはノンフィクション?
あと私とか俺とか一人称がバラバラだけど主人公(書いてる人)は女性でいいの?
39: 優しい名無しさん:2011/07/28(木) 12:32:34.92 ID:p+1VEU/o
>>37
全部ノンフィクションだよ。
人の名前は仮名だけど実在してる人物。
書いてるのは女だよ。
40: 優しい名無しさん:2011/07/28(木) 21:40:21.06 ID:MtWTe66d
かのちゃん、女の付き合いの湿っぽさってきついよな。

てか、DSiのカメラ部分にシール貼っておくとかすれば良いと思ったんだが…そんな柔軟じゃないか、病院側は
41: 優しい名無しさん:2011/07/28(木) 22:03:05.00 ID:p+1VEU/o
>>40
いや、シールでばれてない人もいたんだが……
俺は入院し始めのころカメラを持ってきてはいけないルールをしらなくてな…
最初から知ってれば対策は打てたんだろうが時すでに遅しだった。

本当に精神病院に入院する際はよく病棟のルール知っておいた方がいいぞ。
あとで後悔するぞ。本当。これは身をもって体験したからな。
46: 優しい名無しさん:2011/08/07(日) 19:59:56.76 ID:w8IMIRh2
突然失礼

うつではなく、神経症のうつ状態で自殺防止で入院する場合、入院して何をするんでしょう?
費用はかかりますよね?治ればいいんですが治らない場合、病気を抱えて借金もできる。

自分の患者であるうちに死なせない、医師の単なる責任回避?
56: 1:2011/11/01(火) 12:19:19.63 ID:j0U941Cj
実はまた精神科沙汰になって11月半ばから入院するかもしれん・・・

>>46
うつで自殺未遂の子は何人かいたけど、やっぱりほかの子と同様にOT(作業療法)とかやってた。
費用はもちろんかかるけど、場合によっちゃ保障みたいなのも受けられるんじゃないのかな。
そこらへん詳しくないから知らんのだけど。
57: 1:2011/11/01(火) 12:35:22.78 ID:j0U941Cj
とりあえず近況報告から。
このスレ書き始めて更新しなくなったあたりで、うつの症状が出始めて高校を退学。
今は自宅療養なのだが、一向に治る気配がなさそうだ・・・。
また入院になるかもしれんな。

まあ入院してしまう前に体験記をちょこっと消化しようと思う。

>>28の日課の欄に書いた「散歩」について。

俺の入院していた病院はかなり大きい小児病院だったため、中庭などがあった。
故に院内での散歩が可能(看護師2人同伴)で、さらにその帰りに院内のコンビニでお菓子を買うことができた。
しかし金額が定められていて1回の買い物で200円までしか買うことができなかった。
なぜなら俺みたいに買い物依存症みたいな奴もいるからね。
「せめて210円にしてよ、消費税込だと200円のもの買えないじゃない!」とアユコちゃんが怒っていたのを覚えている。
ちなみにこのイベントは火木のみ。
商品を買った後は院内の広場で食べた。

散歩のメンバーはある程度固定されていて、みほりんとか外泊の多い子やミキちゃんのように部屋から出られない子はいなかったし、
院内学級組も後からの散歩だったので除外。
だいたいが俺とカーリーとユリカちゃんなどであった。
58: 1:2011/11/01(火) 12:41:35.87 ID:j0U941Cj
つづき。
同じく>>28の欄に書いた「作業療法」について。

こちらは週1の日課であるが、課金すれば週5回の参加が可能だった。
課金した場合の作業療法の方は通称OTとよばれ、アユコちゃんやみほりんが通っていた。
OTの方が革細工やブレスレッド作りなど楽しそうなことをやっていたし、Wiiもできたらしい。
羨ましかったので俺も入りたいと医師に申し付けたのだが、「あなたは短期入院なので必要ありません」とばっさり切り捨てられた。

課金するしないは別として、この作業療法はだいたいの精神科にあるらしい。
もし入院した際には気を紛らわすためにもこういうことには全力で参加してみるといいかもしれない。
意外と気分がスカッとする。
60: 優しい名無しさん:2011/11/02(水) 21:11:00.48 ID:ilsEnYPO
私もうつになったことあります
また症状が出ることもまだあるので
一緒に頑張りましょうね
62: 1:2011/11/03(木) 10:47:21.29 ID:BdTEQZ3L
>>60
ありがとうございます
私も治療頑張ろうと思います
こころを病んで精神科病院に入院していました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
安藤 たかゆき
KADOKAWA/メディアファクトリー (2015-08-07)
売り上げランキング: 47,063

精神科(思春期)入院体験記
引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/mental/1311620228
関連記事
スポンサーサイト
RSS Feed Widget

この記事にコメント







 管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ

オススメ記事

最新コメント

そもそも働くことに価値のない時代になっただけ

「働くことに向いてない奴」っているよな 08/23
 
 優しい名無しさん

たぶん、親は知らなかったんだよ。
人間そんなに頭良くないからさ。
親だって気付いた時には手遅れで、生まれる前に戻したかっただろうさ。

勝手に命を与えた親が許せない。  08/21
 
 優しい名無しさん

本気でぶん殴りたくなるほどのウザさ(笑)
いい加減自分らがクソ迷惑な存在だって気づけよ説教大好きさん

他人に説教したくてムズムズしている連中が多すぎる 08/17
 
 優しい名無しさん

昔から事あるごとに誰かと比較しても自分の方がマシな部分なんて
一つもなかった
そのくらいの何もかもがど底辺糞田舎のごみ溜めに生きてる
そんな自分にはこのコメントの

本田圭佑「自殺考える奴は他人のせいにするな、政治のせいにするな、両親に感謝しろ」→批判殺到→謝罪 08/15
 
 優しい名無しさん

あの私は、小4から発作が、起こっているのですが、学校のみんなに、
❮また嘘が始まった❯
っと言われるのですが、皆さんは、言われたことありますか?

【紙袋】過換気症候群【過呼吸】 Part2  08/07
 
 優しい名無しさん

産むのは悪だが、かといって親と争うのが良いとも思えない。
親を恨みつつ、親孝行する。これは矛盾はしていない。
生まれるのは嫌だが、生まれたからには家族の纏まりを良

勝手に命を与えた親が許せない。  08/06
 
 優しい名無しさん

人口減少止まらない
この国お先真っ暗ですわ

政府、新たな自殺総合対策大綱を策定。自殺死亡率を30%以上減らすことを閣議決定 08/06
 
 優しい名無しさん

だから社員研修時にマナーや労働に必要なことなどを教えられるわけだが

「働くことに向いてない奴」っているよな 08/05
 
 優しい名無しさん

男のメンヘラは大変だね

男性のリストカッターがいないのはどうして? 07/29
 
 優しい名無しさん

意思表明一年後にはうるさいことなしで安楽死(メニューいろいろ)をサポートしてくれる所があったらなあ。可能な国があったら日本国籍なんかどうでもいい。

安楽死の合法化から15年を経たオランダ 病気でなくとも「人生は完結」と思う高齢者の自殺ほう助認める動き 07/23
 
 優しい名無しさん

相互リンク

過去記事ピックアップ

複眼画像RSS