精神科への“偏見や誤解”が日本人を治療から遠ざける


1:優しい名無しさん :2018/09/02(日) 23:33:57.27 ID:gmEzQBj8H

【寄稿】気軽に精神科に行くアメリカ人、我慢する日本人 - 表西恵

2000年代に入り、日本ではうつ病の患者数が増加傾向にある。うつ病などの精神疾患には、どのようにつきあっていくべきなのだろうか。
アメリカでサイコロジストとして精神科医療に携わり、「アメリカ人は気軽に精神科医に行く」(ワニブックス刊)を上梓した表西恵氏に解説してもらった。

精神科への“偏見や誤解”が日本人を治療から遠ざける

私はアメリカでの臨床経験しかないので、日本の現場での様子はわかりません。
ただアメリカで私が働いた日本人クリニックでの経験をお話しますと、一般的に日本人は症状が重症化するまで、
頑なに精神科医やサイコロジストに足を向けません。
そして中には自殺を考えるようなギリギリの限界状況まで、精神科の専門家を訪れない方もおられました。

日本では精神科への偏見が未だ強くあり、そのため日本人の患者さんは心の病気を隠し、受診を拒み、症状を放置する人も多くいます。

もちろんアメリカ社会でも精神科への偏見は少なからずありまずが、日本に比べてかなり少ないようです。
私の本のタイトルどおり、アメリカ人は気軽に精神科医やサイコロジストに行きます。
まず、自分の症状と診断を知り、それから治療方針を医師かサイコロジスト、もしくは両方と決めていくのです。
アメリカ人は一般的に自分の病気の治療方針に積極的にかかわっていきます。

日本人の患者さんによく見られた誤解は、「カウンセリングを受けること=気が弱い人、心が弱い人、精神力が弱い人」という考えです。
また精神科の治療を受けるとなると、薬漬けにされるという心配をする方も多くおられました。
確かに日本では特に精神科での多剤大量処方が問題視されていますし、そういった薬の出し方をする精神科医も存在するのでしょう。
だからこそ、患者側の治療への積極的なかかわりと患者が医者を選ぶ姿勢が必要とされていると思います。


http://lite.blogos.com/article/137953/
関連記事

ネトゲでもうまく協調できない


8:優しい名無しさん :2018/08/28(火) 16:46:27.56 ID:fvJbi04U0.net
リアルでもゲームでもソロプレイ一択
関連記事

身長コンプレックスに悩んでます


1::02/11/24 21:12
当方、170センチの男子です。
街を歩く度に人を見上げてばかり。背の高い人を見ると劣等感を刺激されて深い溜め息。
いい加減、精神的に疲れてしまいました。
どうすれば劣等感を取り除く事が出来るのでしょうか?
誰か助けて下さい。
2:まさる ◆USHiePKXb6 :02/11/24 21:13
とりあえず、俺より高いから、気にするな。
関連記事

回避性人格障害 診断テスト


1:優しい名無しさん :2018/08/19(日) 23:00:31.81 ID:tDbfWYJUH
関連記事

「いのちの電話に240回電話」した女性 その対応に「信じられない」絶句広がる


1:優しい名無しさん :2018/08/15(水) 19:30:15.75 ID:RFFy56iC0.net

「いのちの電話に240回電話」した女性 その対応に「信じられない」絶句広がる

毎年多くの人が自ら命を絶っている我が国。過去最多の3万4427人が自殺した平成15年と比較すると、近年では1万人程度減少しているが、それでも2万人を割り込んでいない。

そんななか、「はてな匿名ダイアリー」のエントリーに注目が集まっている。

■240回目に電話が繋がる
自殺しそうになり、「いのちの電話」に電話をかけた投稿者。だが混雑のせいか電話はなかなか繋がらず、240回目でやっとスタッフに繋がることに。

しかし、投稿者がうまく話せないでいると、「あの、私このまま待っていていいんでしょうか?」「何もないなら切らせていただきます」と話されたのだそう。

■「何て言ったらいいんでしょう?」
その後、投稿者が自殺しそうで困っていることを告げると、「それは辛い、それは大変ですね」「あなたの辛い気持ち分かりますよ。自殺したい、
と考えてしまうのは何か自殺を考えるきっかけになるような辛い出来事があったんですね」という口ぶりに変化。

また、自殺を考える理由がたくさんありすぎて、投稿者がその理由を話せないでいると「えーっと、なんか、あたし何て言ったらいいんでしょうか?」と述べたという。

■「いくら忙しくてもね…」 同情の声相次ぐ
「いのちの電話」は悩み、不安を抱えている人がふと受話器を手に取り、ボランティア員が電話で相談にのるサービス。

全国各地に拠点を構え、これまで多くの人々を救ってきたが、相談件数の多さに対応できていないという指摘があり、またボランティアという性質もあり、人材の不足は深刻とされている。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161731350/
関連記事

中高年ひきこもり、11月にも初の調査へ…国が支援策検討


1:優しい名無しさん:2018/08/10(金) 08:20:21.17 ID:CAP_USER9.net
2018年8月10日 06時10分

 内閣府は11月にも、40~64歳のひきこもりの人の実態を探る初の全国調査を行う。ひきこもる期間が長期化して本人が高年齢化し、親も年を取って困窮する例があるためだ。
今年度中の公表を目指しており、国として支援メニューを検討する方針だ。

 調査は、40歳から64歳までの無作為に抽出した5000人を対象に、調査票を配布し、回収する。

 調査では、ふだんの生活について質問する。「自室からほとんど出ない」「近所のコンビニエンスストアなどには出かける」といった項目にあてはまる人をひきこもりとみなし、人数を推計する。該当した人には、その理由や時期、期間についても質問する。

 ひきこもりを巡っては、内閣府が2010年施行の「子ども・若者育成支援推進法」に基づき、10年と15年の2回、同様の方法で全国調査を実施している。ただ、主にいじめや不登校をきっかけに起きる若者の問題として捉えており、対象はいずれも15~39歳に限定。
この結果、10年は推計約70万人、15年は約54万人と、統計上は減っていた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180809-OYT1T50136.html
関連記事

無口をこじらせてます


1:名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/20 22:21 ID:b+l2+czm
人と話すのが嫌で嫌でしょうがない
できることなら一生誰とも話さないで生きていきたい
 
関連記事

カテゴリ

オススメ記事

最新コメント

気持ちはわかるけど、老夫婦の件は恨み言でもいいから残してやれとは思った

身元不明の自殺「縁切り死」が増加 「いなくなっても誰も困らないから、せめて消える時はひっそり消えたい」 09/30
 
 優しい名無しさん

「この世にとって大切なもの」ってのがな
ケンポーさまにキホンテキジンケンを担保されてる相手だから死んでも一通りこれだけのことはやらなきゃならんってだけじゃないか

身元不明の自殺「縁切り死」が増加 「いなくなっても誰も困らないから、せめて消える時はひっそり消えたい」 09/25
 
 優しい名無しさん

なんと言われようがコンプレックスだわ。死にたい。

身長コンプレックスに悩んでます 08/27
 
 優しい名無しさん

向こうの主張は自殺されると悲しいから嫌
こっちの主張は自殺できないと苦しいから嫌
それでもダメって言うなら
私が悲しいのは嫌だからあなたが苦しんでって事なんだよね

なぜ自殺はいけないのだろうか 2問答目  08/07
 
 優しい名無しさん

生きたくても生きられない人がいるのに死ぬなって言葉ほんと意味不明
世の中には不幸な人もいるのに楽しそうなのは不謹慎ってのと近い気持ち悪さを感じる

安楽死させてく

自殺はやめて!なんていう奴は偽善者  08/07
 
 優しい名無しさん

社会不安障害は育てられ方より素質の方が大きいと思うぞ
どちらかの親にもその気がある

引きこもり、中高年が7割 原因は「分からない」 08/03
 
 優しい名無しさん

本当の意味で勝ち組って両親だよな。

オレは産まれてきたくなんかなかったのに、
交尾満喫して、てめぇで勝手に生きていけと言わんばかりの面してのうのうと暮らしてんだ

勝手に命を与えた親が許せない。  07/30
 
 優しい名無しさん

嬉しい事や楽しい事も今までたくさんあった。
それも全ー部ひっくるめて、

やはり産まれてきたくはなかったです。

勝手に命を与えた親が許せない。  07/30
 
 優しい名無しさん

何をどうしたって減らないよ
減ったとすれば「診る人」が減って「認定されなくなった」だけの話だよ

政府、新たな自殺総合対策大綱を策定。自殺死亡率を30%以上減らすことを閣議決定 07/29
 
 名無し

最近仕事の道具を手に持って「あれ?こっからどうすんだっけ?」て事が何度もあった。たぶん脳が衰退してるんだと思う。

ガチで精神的に弱ってるときに体に起こる現象 07/24
 
  

相互リンク

過去記事ピックアップ

複眼画像RSS